世界一簡単な成功法則

タイムマネジメント

  • HOME »
  • タイムマネジメント

タイムマネジメント

タイムマネジメントについては、大きく分けて、二通りのやり方があると思っている。ひとつは、事前にしっかりと計画を立て、無駄な作業を極力しないことである。

大きなプロジェクトであれば、進んでいる会社であれば、マイクロソフトのProject Managementを使っている。事前に詳細な計画を立てなければ、このソフトにデータを入れることができないので、このソフトを使うこと自体=詳細な計画を立てるとも言える。ただ、残念ながら、日本でこのソフトを使っている会社をほとんど見たことがない。価格も定価では7万円もするので、なかなか個人では買えない。ただ、プロジェクトスケジュールを描けるフリーソフトもあるので、これらのソフトを使ってみよう。大規模プロジェクトがどんどん進展する。

しかし、この記事を書いていて、自分自身のビジネスでは、全くプロジェクトスケジュールソフトを使っていないことに気が付いた。

もうひとつの観点としてのタイムマネジメントは、仕事の速度そのものをスピードアップすることである。例えば、毎日、健康管理を徹底して、常に絶好調の速度で仕事をすることができれば、仕事の速度をすぐに30%程度上げられるのではないか?

Lunchをお腹いっぱい食べてしまうと昼から眠くなってしまう。Lunchの量を減らす。眠くなるような炭水化物を摂らない。こうすれば、昼からの仕事の速度を上げられる。

朝起きたら、すぐに、運動をして、朝からトップスピードで仕事ができるようにする。

PCへの入力速度をさらに上げられるように、毎日5分程度、タイピングの練習をする。

こんなことを継続すれば、仕事の速度を50%程度上げることもできるだろう。

そもそも毎日の仕事のなかで本当に有意義な時間というのは1日2時間程度しかないのではないか?パレートの法則によれば、本当に重要なのは、20%で、残りの80%はたいして価値を生み出していない。そうであれば、残りの6時間程度は、あまり価値がない仕事をしている。価値がない6時間の仕事を4時間程度で出来るようになれば、余った2時間を本当に価値を生む時間に割り当てられる。こうすれば、価値から見れば、同じ1日で倍近い価値を生み出すことができるようになるだろう。次の職場では、徹底的に仕事の速度を上げることとしよう。

PAGETOP
Copyright © 幸福になる方法 How to be happy? All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.